So-net無料ブログ作成
検索選択

民間企業でのショートステイを始める [ショートステイについて]

ショートステイは、民間企業として始める事もできます。ショートステイと言えば、社会福祉法人医療法人が運営している、特別養護老人ホームや老人保健施設などが行っています。しかし利用者数が多いので、なかなか利用できないという悩みが常に生じます。そのため、民間企業が始める老人ホームを利用する人が、増えてきているのです。 高齢化は進行を続けており、ますます介護を必要とするお年寄りが増えてくるでしょう。それに伴いショートステイの需要は増え、参入企業は多いのです。 但しショートステイを始めるには、必要な事があります。まず行政が示している、事業所基準をクリアしなければなりません。また基準をクリアした事を証明する書類を、全てそろえます。運営資金の調達では、助成金や融資の申請をする必要があるでしょう。 作業は多岐にわたり、必要書類も膨大です。そのため多くの企業は、行政書士司法書士といった専門家に書類作成を頼みます。会社によって金額は異なりますが、20万円くらいで行政の申請までをしてくれます。スムーズな事業開始には、計画性が必要です。
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。