So-net無料ブログ作成
検索選択

ショートステイ事業所指定基準 [ショートステイについて]

ショートステイを始めるのには、事業所指定基準をクリアしなければなりません。事業所指定基準は、人員面・設備面・運営面とで構成されています。 設備や運営自体については、イメージできるかもしれません。但し人員面については、配置数など細かな指定がありますので、以下にその内容を挙げてみます。 1)医師1人以上配置します。この場合、医師は非常勤でもかまいません。2)生活相談員を配置します。生活相談員とは、社会福祉主事、社会福祉士、これらと同等の能力のある人を指します。配置は、利用者:生活相談員=100:1以上の比率が必要です。3)看護職員と介護職員を配置します。配置は、利用者:看護=3:1以上の比率が必要です。4)栄養士1人以上配置します。利用人数が40人以下の場合には、他の施設との併用可です。5)機能訓練を行う能力のある人を、1人以上配置します。この場合、他の職務との兼務が可能です。6)管理の責任職務のある常勤管理者を配置します。7)施設の実情に応じた人数の調理員と、その他(掃除など)の従業員を配置します。 以上全ての基準をクリアしている事が、ショートステイを始める条件となります。この条件が整っていないと、事業開始の申請すらできません。
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。