So-net無料ブログ作成
検索選択

ショートステイの事業所指定を受けるための書類 [ショートステイについて]

ショートステイを始めるのには、事業基準というものがあります。その基準をクリアした上で、まずは各自治体に申請しなくてはいけません。各自治体によって、出す書類は多少異なります。ただし基本的には、以下のような書類を準備することとなります。 ・指定申請書・短期入所生活介護・定款写し(証明が必要)・登記事項証明書(発行後3ケ月以内の原本)・従業者の勤務体制一覧表・役員名簿・管理者の経歴書・施設の部屋別施設一覧表・事業所の平面図・事業所の写真・事業所の案内地図運営規程資産状況証明書損害保険加入証明書・介護給付費算定の書類・介護給費体制状況一覧表・特別養護老人ホームの認可証の写し(必要な場合) これらの書類を用意して、管轄の行政に提出します。 書類に不備がなければ、そのまま受理されます。しかしあまりにもたくさんの書類があるため、記入漏れや誤記などで、実際には1回で受理される事業所は少ないようです。 不備があった場合には、何度も足を運ぶことになります。地方の行政によって異なる書類については、事前に管轄地へ確認しておきましょう。
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。